スロッタムカジノはやぶさ大気圏再突入動画を見た海外の反応です。

日本でも世界でも反響の大きかったはやぶさプロジェクトですが、
その中でも今回ははやぶさが大気圏に再突入し、燃え尽きるたった1分ほどの短い動画に寄せられた、
海外からのコメントを翻訳し、まとめてみました。

はやぶさのイオンエンジン技術についてはこちら(PDF)を参照

2010年6月13日。「はやぶさ」の再突入の瞬間。
この瞬間を覚えている方は多いのではないでしょうか?

7年という月日、60億kmという膨大な距離を旅して帰ってきた「はやぶさ」の最後の瞬間です。

探査機はやぶさは、2003年5月に打ち上げられ、その後、小惑星イトカワに着陸し、イトカワのガスや岩石を採取しました。

途中、交信が途絶し、帰還が絶望視された時期もありましたが、無事、2010年6月、帰還を果たしました。

採取した試料を含むカプセルをオーストラリアのウーメラ砂漠に向けて放出しました。
この動画は、はやぶさ帰還時の動画で、オーストラリアで撮られたものです。

無事回収されたカプセルの中にはイトカワ由来の物質が含まれており、宇宙の謎の解明に大きな貢献をしました。

イトカワから小惑星のサンプルを持って帰ってきたはやぶさは、大気圏に突入すると同時に、その摩擦熱によって燃えてしまいます。そして、最後はサンプルの格納容器を除いては燃え尽きてしまいます。

残念ながら日本ではあまり報道されませんでしたが、「はやぶさ」の突入に感動する姿を浮かべる方や、ナイスなアメリカンジョークを飛ばす方など様々な反応が見れました。

海外でも、7年間もの間、数々の故障と試練を乗り越えて宇宙空間を孤独に旅し、
仕事を成し遂げ、燃え尽きるはやぶさの姿に感動と賞賛の声が上がっています。


動画


コメントについてこちらの動画や こちらの動画など、複数の同じ動画から翻訳しています。


以下、この動画に対する海外の反応


お疲れ様! +39 アメリカ

とても興味深い映像だよ。ありがとう! イギリス

■ ポケモンが地球に着てるみたいだww アメリカ

【シンフォ ギア スロット 朝一ルーレット】の続きを読む