平成21年(2009年)に制式化された、日本の主力戦車(MBT)である
10式戦車(ひとまるしきせんしゃ)を見た海外の反応です。

その最新型のプロトタイプが富士演習場で一般公開された時の様子を収めたビデオです。
以前自衛隊で採用されていた90式戦車とは異なり、戦闘力の総合的な上昇と、
火力・機動力・防護力の向上、小型・軽量化などを達成したモデルであるといわれています。

車体の総重量は44トンで、以前とは大幅に軽量化がなされ、
動画をみてもわかるとおり、その機動性は抜群です。

時速70km/hで走行可能で、急旋回するときには
アクセルターンと呼ばれるドリフト走行のようなパフォーマンスが可能になっています。
主砲には日本製鋼所の国産44口径120mm滑腔砲を採用し、
新型の国産徹甲弾の採用により高い貫徹力を備えています。

開発のコンセプトは5つあり、
高度なC4I機能等の付加、火力・防護力・機動力の向上、
全国的な配備に適した小型軽量化、
民生品の活用 (COTS) および部品の共通化等によるライフサイクルコストを含む経費の抑制、
将来の技術革新等による能力向上に対応するための拡張性の確保です。

防護力に関しては、新たに開発した複合装甲を使用し、防御力を下げることなく軽量化を図っています。
映像をみた限り、主砲を標的から外す事無く高速走行が可能になっていて、
より実戦向きの戦車であるという印象を受けました。

またこの戦車は軍隊におけるシンフォ ギア スロット 朝一ルーレット処理システムであるC4Iシステムを搭載しており、

戦うコンピューターなどと呼ばれることもあるようです。



動画 携帯用動画



以下、この動画に対する海外の反応


これはすごい。ここから空飛ぶロボットに変わっても僕はおどろかないよ。 レバノン +10

ゴジラ! アメリカ

■ この戦車ってドリフトできるんだよな アメリカ

【シンフォ ギア スロット 朝一カジノ スロット】の続きを読む